小泉明子、インドの国際ジャズ・フェスティバルに参加!
去る11月、インドのムンバイ(ボンベイ)で開催された国際ジャズ・フェスティバル「ジャズヤトラ2002」に参加して来ました。
ジャズヤトラ
地元新聞の記事
「ジャズヤトラ」は2年に1回、外国からのジャズ・ミュージシャンを招いて開催する国際ジャズ・フェスティバルです。

ヤトラ(Yatra)は現地語で巡礼(Pilgrim)を意味し、海外からのミュージシャンはムンバイ(ボンベイ)のメイン・ステージを起点に、ニューデリーなど諸都市をツアーする事もプログラムの一環になっています。
日本からは過去に渡辺貞雄さんなど著名なジャズ・ミュージシャンも参加したことがあります。「ジャズヤトラ2002フェスティバル」は11月21日から24日までの4日間がムンバイにおけるメイン・イベントで、屋外コンサート会場に毎日1000‐1500名の聴衆が集まりました。

外国からは日本(私だけ!)の他米国(2グループ)、ドイツ、オランダ、ノルウェー(4グループ)の各国から合計10グループのジャズ・ミュージシャンが来ました。
Bob Bowenと
インドという開催地でしたが、他のグループの演奏レベルも高く、外国ミュージシャンとの交流がありまた、インドの伝統楽器とのフュージョンも行なわれ、インドならではのステージも楽しめました。

地元の新聞(Bombay Times)に 紹介された写真入りの記事と、アメリカのベース奏者、BobBowenと撮った写真をご覧あれ。

♪ ホームへ

1「ジャズヤトラ」

2「インド音楽との出会い」「ジャズヤトラでの演奏」

3「プーネでの演奏」「 ニューデリー」

4「スナップショット」

5「おわりに」